VoIPネットワークアセスメント

個人情報だけが、情報資産ではない!無防備な声の情報

Voice over IP(VoIP:一般にIP電話と呼ばれる)とは、音声を各種符号化方式で圧縮しパケットに変換した上で不安定なIP(Internet Protocol:インターネットプロトコル)ネットワークでリアルタイム伝送する技術を指します。

現在、世界中でVoIPの普及は急拡大しており、より安価な通話料を求め、様々なビジネスやユーザーが増加しています。プロトコル技術の大きな普及拡大にも関わらず、IP電話技術のセキュリティの安全性は未だ確保されていません。IP電話で使用するプロトコルの世代が、VoIPセキュリティの確保に追随しきれていなことがその背景の一つとも言えます。

ビジネスでも多く利用されるようになってきたVoIPには、SPIT (VoIP SPAM)、コール履歴への不正アクセス、盗聴またはボイスネットワークの悪用などといった様々なリスクが潜んでいます。 VoIPを通じたコミュニケーションの情報・プライバシーを保護するため、豊富な知識と経験を持つ専門スタッフが、ボイスネットワークの脆弱性を多角的に分析してご報告します。

社内の技術担当者に向けた、技術的サポートや社内プロセスの改善指導により、ボイスコミュニケーションの運用におけるベストプラクティスをご提供します。 最新技術の利点をビジネスに最大限に活用しつつ、その潜在リスクと脆弱性を明確に把握し、戦略的改善アプローチにより、お客様の大切なボイスネットワークの危機管理に貢献します。企業の情報資産は、個人情報だけではありません。

VoIPネットワークアセスメントのサービスについては、お問い合わせください。