インテグリティアシュアランス

巧妙化する手口に対応:影に潜む危険を察知

ファイヤーウォールやIDS(不正侵入検知システム)を導入するだけでは、セキュリティ対策が強化されたとは言えません。機器やソフトウェアだけは、外部からの侵入を検知、防止できない場合もあり、また外部からの実際の不正侵入や内部からの不正アクセスといったトラブルまでをカバーできません。大切な情報資産が危険に曝されないためには、不正アクセスや侵入の証拠を定期的にチェックする必要があります。さらに、不正アクセスやセキュリティトラブルが発見された場合、速やかに被害の全体を把握し、的確な対応策を講じるためにも、システムの「Integrity(完全性)」を把握する必要があります。

最近では、攻撃や侵入の証拠を隠す悪質ハッカーの巧妙な手口が増えています。実際に、企業側に侵入ルートや証拠を正確に把握する体制が整っていないため、不正アクセスや侵入といった不正行為が、誰も気づかないまま行われているケースもあります。

HELIX INDUSTRIESでは、デジタルフォレンジックといった最先端の技術、ツールとアナリストの豊富な経験で、OS、アプリケーション、システムといったお客様の情報資産を定期的に分析し、万一、不正アクセスや侵入の証拠が発見された場合、速やかな対処と被害状況の把握をサポート致します。

インテグリティアシュアランスのサービスは、対象となる分析機器や台数により、様々なご契約内容を取り揃えております。詳細については、お問い合わせください。