デジタルフォレンジック

経験がモノを言う

不正アクセスなど悪質ハッカーからの攻撃を受けた企業が直面する大きな問題として、システムの復旧、原因究明と証拠把握が挙げられます。

デジタルフォレンジックとは、不正アクセスや情報漏洩などコンピュータに関する犯罪や法的紛争が生じた際に、原因究明や捜査に必要な機器やデータ、電子的記録を収集・分析。 その法的な証拠を明らかにする技術、方法を指します。

  1. 実際の最初の侵入はいつ行われたのか?不正なハッキングが行われたことに気づかない企業が多く、被害の範囲を正確に把握する為にも、最初の侵入が実際にいつ行われたのかを分析する必要があります。
  2. どのが侵入経路であったのか?一台のコンピューターを経由して、他のマシンに深刻な被害をもたらす攻撃のケースもあります。
  3. どの情報資産にアクセスされ持ち出されたのか?社内のどの機密情報に不正アクセスが行われ、外部に持出されたのかを明確に把握する必要があります。
  4. どの手口で侵入されたのか?侵入手口を把握しなければ、システムが復旧・修正しても、またさらなる巧妙な手口を使い、不正アクセスの攻撃対象となります。
  5. 侵入された際「裏口」を組み込まれていないか?悪質ハッカーが、企業の情報資産へ攻撃した際に、更なる侵入経路を組み込まれるケースも多々あります。攻撃を受けたシステム復旧のみならず、「裏口」という攻撃する側のトリックを見破り、適切な対応策をとる必要があります。

このようなポイントを明確にすることで、被害の把握し、脆弱性の改善、不正攻撃の訴追を効率的に行うことができます。悪質ハッカーの攻撃手口は年々巧妙化し、侵入経路や証拠を残さぬまま攻撃を受けるという、問題も顕在化しています。

Helix Industriesでは、アメリカ、ヨーロッパの最先端で活躍している専門家が徹底したフォーカスで結果をご提示致します。

デジタルフォレンジックのサービスの詳細については、お電話にてお問い合わせ下さい。